七五三の日程

2009年6月20日 09:14 | コメント(0) | トラックバック(0)

七五三で神社へお参りに行く日といえば、11月15日を思い浮かべます。
七五三の風習は、鎌倉時代に公家や武家の子供がそれまで着物を紐で着付けていたものを、帯で着付けるようにする儀式があり、それが室町時代、江戸時代と時を経て大衆文化に広がり、日付が11月15日と定まったと言われています。11月15日は、徳川5代将軍の綱吉の息子である徳松の袴着の祝いがこの日に行われたため、七五三が現在でもこの日になったと言われています。
また、七五三の日程についてはこのような説もあります。15日は、28宿の鬼宿日に当たり、鬼が家にいて出歩かない日で何かをするには吉日とされていました。そして旧暦の11月は、収穫を終え、その実りを祝し、神様に感謝してお祭りする月であったため、11月15日に同じように、氏神様へ子供の成長を感謝して今後のご加護を祈るようになったと言われています。
しかし、七五三も現在では特に11月15日にこだわらず、秋に入って家庭の都合の良い日を選んでお参りする事も多くなっています。また、地方によっては旧暦の11月15日は今の10月15日に当たるため、1ヶ月早めて七五三参りをするところもあるようです。近ごろ一般的には、七五三参りに行く日付として、10月末から11月末ぐらいまでの土日祝日が最も多いようです。

 

 腸内洗浄でデトックス  手のしびれ
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

七五三とは
毎年秋が近づいてくると、七五三の写真の広告やCMがよく目に入ってきます。そもそも七五三とはどういった行事なのでしょうか。
七五三の3歳
七五三の3歳は男女ともにお祝いしますが、3歳は「髪置きのお祝い」です。平安時代の風習では生まれて7日目に産毛を剃ってしまい、3歳までは男女とも坊主でした。
七五三の5歳
七五三のお祝いで、5歳の時にお祝いするのは男の子だけです。というのも、七五三の5歳は「袴着の祝い」と言って、昔男の子が5歳になると初めて袴をつける儀式をした事から来ています。
七五三の7歳
七五三の7歳は「帯解のお祝い」で、女の子の7歳でお祝いをします。これを機会にこれまで付紐で着物を着ていたものを、帯を締めて着物を着るように変えたのです。
七五三の着付け
七五三の衣装はレンタルだから着付けもしてくれて安心だという人はいいですが、そうでない人は美容院や誰かに着付けを頼むようになります。
七五三の着物
七五三での子供の着物姿は、女の子はとてもかわいらしく、男の子は凛々しくて見ていて微笑ましいものです。七五三のそれぞれの年齢でどのような格好をするのが正式なのかを紹介しましょう。
七五三の日程
七五三も現在では特に11月15日にこだわらず、秋に入って家庭の都合の良い日を選んでお参りする事も多くなっています。
七五三の髪型
七五三の髪型で人気があるのは、やはり着物に似合うアップスタイルです。七五三の3歳の女の子なら、髪の毛は細くて柔らかく、長さもそんなに長くはないので、2つのお団子を作ってアップするのが良いでしょう。
七五三衣装にはレンタルを利用しよう
レンタルなら子供の好みやサイズにピッタリの衣装を多くの種類の中から選ぶ事ができ、料金も安く済みます。
七五三参りに行く神社
七五三は、子供が7、5、3歳という節目を迎えられる年まですこやかに成長できた事を神様に感謝し、今後のご加護をお願いする日です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yosinc.com/mt2/mt-tb.cgi/928

コメントする

このサイトを購読する

文字サイズ変更

2009年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
  1. TOP
  2. 七五三の日程

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • lvedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録